ヘッドライトの劣化 再生編

2017年08月09日(水)

忙しいからブログがアップできない!!

 

なんて言い訳はもーしません!

 

何のためにブログを書くのか?

 

こんな事できます!こんなきれいに直ります!を知ってもらうためです。

 

誰に頼まれているわけでもなく、誰も見ていないかもしれませんが、地道にリペアの布教活動していこうと、改めて思いました。

三日坊主・気分屋の自分がどこまで続くか(笑)。お付き合いくださいm(_ _)m

 

 

ヘッドライト!!

 

01d805c604ca776eee7537d8d6dd9a06cd7cb979d9

紫外線やライト熱、洗車傷、飛び石など様々な原因でで劣化します。

ポリカーボネートという素材は硬くて強いですが、表面のハードコートが剥がれると、紫外線の影響を直接受けて黄変劣化してしまいます。

 

01842d99784274768b5ff97f5631a90df6581c49e5

劣化したハードコートを除去して、新たに専用のハードコートを3層に重ねて塗装します。

乾燥したらゴミ取と肌調整をして、

012de4448e9025f35f5c1ffafb9b99f99d826b975d

0110c2ac739a9b118b7f2a9510b25dd1436d85acec

新品同様の仕上がりに(^_-)-☆

 

    01b4a32eea9114cea3b1af74344f37e42ceb1afd5c 01bb73320706c8d7bd8933f64944dc1bf265e7798f

こちらも同様に、

0133ffd4928747b467aa400c239a972f4093be2d4b 01104c234c8f8816ba91bfa4e5ffea11dd6d007568

 

よく、磨いてコーティング!はほとんどが1年も持ちません。

長い目で見れば、塗装の方が安上がりになるはずです(^^♪

 

次回は劣化の予防をご紹介いたします。