ニューリアルガラスコート

subttl

未体験の撥水力、透きとおる輝き

ニューリアルガラスコートは発売以来、ガラス系ボディコーティングであるにもかかわらず、高い撥水性能を発揮し、さらに耐久性能・防汚性能も兼ね備え、多くの方から高い評価をいただいています。
しかし、その高い性能もプロの熟練した施工技術が合わさってはじめて実現されるのです。
映像では一つ一つのプロの施工手順と共にニューリアルガラスコートの性能を臨場感をもってご体感いただくことができます。

 

撥水性能

ニューリアルガラスコート最大の特長は、ガラス系被膜コーティングでありながら強力な撥水性能を併せ持つ点です。
長年の研究と独自の技術により、基本的には親水性であるガラス系被膜に高レベルの撥水性を持たせることに成功しました。
耐候性 紫外線・酸性雨等、環境の悪影響からボディを守ります。
防汚性 汚れが固着しないので、水洗いでカンタンに流れ落ちます。
接着性 塗装と強く密着し、長期間コーティング性能をキープします。
耐熱性 高温による軟化が起こらず、汚れの抱き込みを防止します。
耐薬品性 排気ガス等に含まれる有害成分による塗装の劣化を防止します。
硬質 強く硬い被膜が、チリ・ホコリ等によるキズ付きを防止します。
光沢 ガラス状被膜ならではのキラめくように美しい輝きを演出します。
ツヤ 厚く透明な被膜で息を飲むように深く質感のある艶を実現します。

被膜性能

ニューリアルガラスコート<ガラス系被膜>
油性の汚れは寄せ付けにくく、汚れも水洗い程度で落とせます。
酸性雨などにより塗装面をいためず、長期間にわたり輝きを持続させ、メンテナンスを大幅に軽減。

   s001-2

被膜の軟化はみられず、汚れは水洗いだけで洗い流せる。

従来のコーティング剤 <樹脂系被膜>
高温時に汚れが被膜内に入り込む

油性の汚れが付着しやすく、静電気を帯びやすいため汚れも寄せ付けます。このため、ボディーに付着した水滴などに埃などの汚れが含まれ、乾燥後にボディーに汚れが残留してしまいます。

s001-3

高温になると被膜が軟化し、汚れを被膜内に抱きこみ、汚れが落ちにくくなる。

 

耐候性能

キセノンアーク灯 促進耐候性テスト(JIS-K2396)img_graph

 

耐候性試験データー(JIS-K2396による耐候性試験)
img_graph2

 

屋外暴露テスト 5ヶ月経過後
従来型コーティングやフッ素コーティングは、撥水効果がほとんど見られないが、Beautiful G’ZOXリアルガラスコートは、強い撥水効果が確認された。
img_body2
 ↑従来型 Beautiful G’ZOXリアルガラスコート ↑フッ素系

価格表

・国産車、輸入車、車種により価格が変わりますので、詳細は下記の画像をクリックしてご確認下さい。

price-img


コーティング施工事例