コーティング

■ Crew’sでは、お客様のお車の状態に合わせてお選び頂ける、コーティングメニューをご用意しております。 コーティングについては、数多くの経験からフィードバックされたノウハウから、お客様のご要望に必ずお応えできます。 まずは、コーティングのプロ、Crew’sのスタッフにご相談下さい。

■ コーティングメニュー
=ボディコート= =ガラス面コート= =ライト周り= =ホイール=
・エシュロン1043NANO-FIL
・ニューリアルガラスコート
・ハイモスコート
・ハイドロフィニッシュ
・ガラス面撥水コート ・ヘッドライトリフレッシュ
・メッキモールリフレッシュ
・ホイールコーティング
コーティングの基本である、塗装を保護し美感を長期間維持するということを追求したガラス系ボディコーティング

▶ 詳細はこちら

logo_2 「リアルガラスコート」の卓越した艶・光沢・撥水性能・防汚性能をそのまま踏襲し、環境への配慮と作業の効率化、仕上がり感向上を実現した革新的ガラスコーティング
▶ 詳細はこちら

logo_3 G’ZOX史上、最高の性能を発揮する2層構造ガラス系ボディコーティング。
モース硬度7レベルの超硬度を実現したコーティング被膜は耐スクラッチ性能に優れるだけでなく、紫外線や酸性雨など様々な外敵からボディを保護します。
▶ 詳細はこちら

hydro_logo 最先端の疎水性ガラス系コーティング剤。
『ハイドロフィニッシュ』だけの優れた疎水コーティングがスムーズな排水効果を実現、ボディに乗った汚れを効率的に洗い流すことが出来ます。
超高硬質ガラス成分に特殊シリコーンを反応させたガラス系コーティングが、優れた防汚性能を発揮。その被膜は高い耐候性能を有し、長期間にわたり美しいボディをキープします。
▶ 詳細はこちら

 

 

 

―ガラス用撥水コーティング―

プロ用ウィンドコーティング撥水剤の多くが比較的持続性のあるフッ素系を採用していますが、ほとんどが「含有している」というレベルにあり、内容的にまちまちなのが現状です。
トータルリペアCREW’Sでは、エシュロンブランドによる高次元のウィンド撥水コーティングをご提供いたします。

エシュロン クラリードの5つの特長
■ 低速走行でも流飛する水滴(40km/h以上)※当社比
■ 重ね塗りで耐久性がアップ
■ 純フッ素コート剤でガラス面の油膜を防止
■ 凍結防止効果で霜が付きにくい
■ 作業性が良く施工ムラになりにくい

エシュロンクラリードのメカニズム

■ 純フッ素が生み出す優れた撥水性と耐久性
図1

クラリードは特殊フッ素を化学反応させ、ウィンドガラス面に純フッ素被膜を形成、均一でなめらかな被膜を作りだすことはもちろん、100度(※)を超える美しい接触角での水滴の飛散性も高く、耐久性能もフルに引き出す性能を発揮します。
※実際のガラス面の状況によります。

■ クラリードガラス撥水の被膜メカニズム

従来のシリコン系コート剤はガラス面にシリコンが「吸着」という表現にとどまり洗車や、ワイパーで、シリコンの残留が減少し、長期における耐久性は期待できませんでした。
被膜形成のメカニズムは、本液と反応液を混合することで、その場から触媒反応が始まります。
クラリードはガラス面と強力に化学反応で結合するため、耐薬品性にも優れ長期間安定した性能を持続します。
それにより、OMeが分離してガラス表面のOHと結合し、Me-OH(メタノール)になる事で自然に蒸発します。
その結果ガラス側のSiと反応液のフッ素がガラス表面で結合して強靭な被膜を形成します。

■ 下地処理へのこだわり

ボディコーティング処理と同様にガラス面の下地処理は重要です。
特にフロントガラスは雨が降るとワイパーが絶えず作動しており、耐久性を求められる部分で下地処理を行うことにより高い耐久性と高次元撥水を可能にします。
トータルリペアCREW’Sでは、数多くの施工例から得た豊富な下地処理ノウハウを持っています。
確実な下地処理と特殊フッ素の優れた撥水性が組み合わされることで、驚くほどの高い接触角と抜群の飛びを実現し、常に良好な視界を確保します。

ウィンドガラス撥水コート価格表

料金は税別価格です

 

コーティング施工事例